Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
Search this site.
Tags
Archives
Others
Admin

『赤い砂堕ちる月』プレス版本日発売です!

Landkarteの山崎です。

大変長らくお待たせしていた『赤い砂堕ちる月』ですが、
2013年4月13日にようやくプレス版の発売日を迎えることができました。

ずっと発売を待っていて下さったユーザー様、
テストプレイにご協力下さった方々、
制作に関わって下さったスタッフの皆様……
その他にも、数え切れないほど多くの方々にご助力いただき、
なんとかこのゲームを世に送り出すことができました。

長い間お付き合いいただき、期待を寄せて下さった全ての方に、
篤く御礼申し上げます。

3月17日にイベント先行で初回版を発売しているため、
現在プレイ中の方、既にコンプリートした方も、
多数いらっしゃると思います。

私の元には、とても心温まるアンケートがいくつか届いており、
苦難の多い道のりでしたが、このゲームを作って
本当によかったと実感しております。

イベントやツイッターなどで励まして下さった方、
側で支えて下さったスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

さて、今回は祝発売!ということで、
『赤い砂堕ちる月』の制作に携わって下さった
スタッフの皆様からお祝いイラストが多数届いております。

こちらの紹介に合わせて、
開発裏話やお礼の言葉を添えさせていただきましたので、
よろしければ最後までお付き合い下さい

hidaka.jpg

担当:イベントCG着色・線画補佐
ひだかなみ

強い女子が大好きなひだかさんらしいチョイス、
ありがとうございます!(笑)。
不敵な微笑みの杏紅がとっても素敵ですが、
何より身体のラインに目が釘付けです!

ひだかさんには、原画の沙月さんが入院された際、
多方面に渡ってご助力いただきました。
通常イベントCGの他にも、永祥ルート、翔侠ルートの
ミニイベント画の塗りなどセンスが光りまくりですので、
ぜひゲーム中に出会った際は細部までチェックして下さい。

kiriu.jpg

担当:イベントCG着色
霧生実奈

イチオシという洛泉を色っぽく描いていただきありがとうございます!
霧生さんには、イベントCGの着色スタッフが足りずに困っていたところを、
快くお引き受けいただきました。

繊細なタッチや淡い色使いが沙月さんと似ているので、
とてもやりとりがスムーズで、本当に助かりました。
素敵なCGが多数仕上がっておりますのでぜひゲーム中で
ご堪能下さい!

nira.jpg

担当:サブキャラクター
にら
スタッフ内では、発売前から影の主役と密かに呼ばれていた
翔侠を描いていただきました、ありがとうございます!
翔侠のちょっと大人げない部分がにじみ出る笑顔が、
とっても素敵です。

にらさんには、翔侠ルートのサブキャラクターを
多数担当していただきました。
子供から老人まで描き分けがとても巧みで、
名前もない完全なモブですが、砂漠で出会うおじさんが
すごく素敵なので個人的にはイチオシです(笑)。

hiranomayu.jpg

担当:サブキャラクター
平野まゆ

汪明と洛泉のメインコンビを描いていただきました、
ありがとうございます!
素敵な王子スマイルで、作中でも2人に同時に迫られる
シーンがあっても面白かったなと思ってしまいました(笑)。
平野さんには、主に洛泉ルートのサブキャラを担当していただきましたが、
むさいおっさんたちを個性豊かに描いていただき、
作品の世界観が広がりました。ありがとうございます!

raiki.jpg

担当:イベントCG着色・デバッグ
雷葵

ほんのり照れ顔の素敵な翔侠をありがとうございます!
手に持っている花には「ひたむきな愛」という花言葉があるそうです。
デバッグにも最後までお付き合いいただき、ゲームの内容を知り尽くしている
雷葵さんならではのイラストで本当に嬉しいです。

着色していただいたイベントCGの枚数も、グラフィッカーさんの中で
恐らくトップだと思います。とても丁寧で手が早いのでとても助かりました。
多方面に渡りご協力いただき、本当にありがとうございます……!

kurumi.jpg

担当:イベントCG着色
来海ゆきこ

スタッフ内で大人気(笑)な杏紅をいただきました!
色っぽい流し目がとっても素敵です……!

来海さんにも、多数のイベントCG着色を担当していただきましたが、
原画をお渡しする度に大興奮して下さったので、
作品を世に出す前にユーザー目線の応援をいただけて、
制作期間中、幾度も励まされました。
長い間お付き合いいただきまして本当にありがとうございます。

C2.jpg

担当:サブキャラクター・一部戦闘グラフィック
C2

まだゲームをプレイしていない方は「こんなキャラいたかな?」
と思われるかもしれませんが、先行分をプレイした方からは、
さっそく「攻略できないんですか!?」という熱いラブコールが届いている、
サブキャラの李篤をC2さんからいただきました!

他にも、汪明ルートで登場するサブキャラや、
戦闘中のミニキャラのデザインをご担当いただきましたが、
何をお願いしても素晴らしい物が上がってくるので、
やりとりしている間とても楽しかったです。
大阪のイベント参加の際などもご助力をいただき、
何やらお世話になりっぱなしで……。
本当に色々とありがとうございました!

hagi.jpg

担当:デバッグ
萩茶漬様

全ルートのデバッグにお付き合い下さった、
萩茶漬様から杏紅のイラストをいただきました。
優しげな表情でとっても可愛いです。
ありがとうございます……!

萩茶漬さんには、目からウロコが落ちまくりなご指摘を多数いただき、
既に公開済みだった体験版部分に収録されている1章にも、
かなりの手が加わっております。
古い体験版をお持ちの方には、どこをどう修正したのか、
違いがわかる……かもしれません(笑)。

anzu.jpg

担当:サブディレクター
あんず

サブディレクターのあんずさんからは、
翔侠と主人公のツーショットをいただきました!
あんずさんには、沙月さん同様企画立ち上げの時点から
お付き合いただいているので、イラストから作品への思い入れと
愛が溢れまくりです。ありがとうございます!

あんずさんには、プロットのチェックやシナリオの誤字脱字チェックなど、
主にシナリオ部分のクオリティアップにご助力いただきましたが、
これを本業にした方がいいのではと思ってしまう程指摘が的確で、
日々驚かされつつ、素晴らしい才能を持つ方と一緒に仕事ができる
喜びを噛み締めておりました。

本当にあまりにも優秀なので、出版社かゲーム会社に転職した方が
いいのではと、かなり本気で思っているんですが、
そっち方面は気風が合わないとのことでとても残念です(笑)。

satuki.jpg

担当:原画・キャラクターデザイン
沙月ゆう

大トリは原画の沙月さんです!
もっふもふのハバリを堪能中の主人公ですが、
相変わらず色使いが本当に繊細でため息がでます……!

沙月さんとの想い出は、もう本当に色々なことがありすぎて、
お付き合いも長すぎて……何やら胸がいっぱいになってしまいますが、
お仕事でちょっと絡んだだけのほぼ面識がない状態だったにも関わらず
「一緒にゲーム作りませんか?」という無謀な誘いに
「いいですよ~!」と快くお引き受け下さった懐の深さ!

制作を初めてみたものの、お互いに商業の仕事の方が多忙に
なってしまって、幾度も足踏みをしてしまいましたが、
そんな中でも沙月さんはただの一度も締め切りを破りませんでした。
本当にすごいお方です……!

キャラクターデザイン、原画の他にも、
モンスターのデザインからBGM関係の監修まで、
あまりにも何でもできてしまうので、
この人は一体何者だと畏れ慄いておりました(笑)。

これ程才能溢れる方と一緒に、ひとつの物を作り上げる
ことができたのは私の人生の中でも本当に貴重な体験でした。
長い間本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした!

担当:プログラム
むいむい。

最後に、『赤い砂堕ちる月』の完成には欠かせない存在だった、
プログラム担当のむいむい。様への謝辞を。

体験版などを既にプレイして下さった方はおわかりかと思いますが、
本作は選択肢のみのノベルではなく、戦闘など動きのあるパートが
含まれています。この部分は、私が企画を立ち上げた際に、
絶対に欠かせない要素のひとつだったのですが、
むいむい。さんがいなかったら、このゲームは絶対に完成しませんでした。
本当にありがとうございます……!

NScripterなどのゲーム制作ツールを扱ったことがある方なら、
この作品を動かしているプログラムがどれ程すごいか、
きっとおわかりいただけると思いますが、
「まさかこのツールでこんなことができるなんて!」と、
日々驚かされてばかりでした。

とてもサービス精神旺盛な方で、ユーザーさんからの要望を
拾い上げて少しでもプレイが快適になるようにと、
配慮して下さいました。

既にいただいているアンケートで「あともう一歩ここが……」
とご要望があった部分に関しても、むいむい。さんの方からは
提案があったものの、デバッグにかかる時間の関係で、
私が却下した物がほとんどです。

なかば強引にスタッフに引きずり込んでしまいましたが、
長い間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

……すっかりブログが長くなってしまいましたが、
本当に多数の方のご助力により、ようやくゲームが完成しました。
まだ若干疲労が拭いきれず、燃え尽き症候群的な状態ですが
みなさまからお寄せいただいているご要望など、
少しずつ応えて行けたらと思っております。

『赤い砂堕ちる月』の世界がもっと広がっていくように、
今後とも末永く応援をよろしくお願い致します。

山崎浅吏
permalink * Edit

このページの先頭へ