Calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Search this site.
Tags
Archives
Others
Admin

戦闘システムについて

体験版の提出がとりあえず終わりました~。

最初のご挨拶以来、お久しぶりです。
プログラマーのなんもんです。

コミケで配布される体験版ですが、コミケにいかれる方は
是非入手して いただければと思います。
このBlogに目を通していただいている方であれば、
言わずもがなといったところでしょうか。
余計なことでした。

この体験版はプログラマー的には正直不完全燃焼
ではありましたが、山崎さんのシナリオ、
沙月さんの絵等見所は多いと思います。

つか、当初の想定よりだいぶ豪華で…豪華で…
半分山崎さんに良い意味で裏切られた感があったりします。
そこは時間はまだありますので、徐々にその豪華さに
見合うように改良を加えて行く予定です。

今回作成しているのは小説でも漫画でもないので、
プログラム的な…なんもん的にアピールする点としては、
ゲームらしい要素として戦闘システムです。

これに関しては、なんもんのわがままであり、
実験でもあります。

今回のシステムを一言でまとめるならば、
言わばターン制格闘ゲームといったところでしょうか。

このシステムはなにかというと男性向けの、
特に格闘ゲームをベースとしたものなので、
女性に受けるのかまったくの未知数です。

個人的には格闘ゲームではあまり遊ばないのですが、
端からみるとばしばしコンボを決めている人がいると、
気持ちよさそうだなと眺めるだけの人間です。
女性もたぶん、そうでは?と考えをまとめていった
結果がこのシステムです。

複雑過ぎず複雑で、簡単過ぎず簡単で、難し過ぎず難しい。
そして、ゲームらしいゲームであること。
好みによって遊び方は変わり、すかっとする爽快感がある。
そんなシステムを目指しています。

まだ組み込まれていない要素が多々あり、
この体験版においても目標(脳内仕様)には程遠く、
その片鱗を…逆に片鱗しか見ることができないかもしれませんが、
気に入っていただけたなら幸いです。

しかし、女性向けのいわゆる乙女ゲーというものに
初めて触れ、いろいろ自分なりに調べてみると、
こういう要素受けないかな、とか、この要素は女性でも
絶対いけそうなのに…こんな設定がおもしろそう等と
思う事も多々あり、これはこれで開拓しがいのありそうな
世界ではないかと感じています。

特に、開発メンバーでも誰とはあえて書きませんが、
MMPRPGや某狩アクション等が好きな女性もいらっしゃいますので、
やりこみ系の要素と合わせても相性がいいのではと……
勝手な思い込みですが、女性は結構こつこつとした作業が好きなのでは?

考えるだけならばころころといくらでもできますが、
ゲーム製作とはいかんせん時間のかかる作業ですので、
クオリティの高いものをぽんぽんと作る事ができないのがくやしいです。
どこかに落ちてないですかね。精神と時の部屋。
permalink * Edit

スタッフ紹介 その2

こんにちは、ライターの山崎です。

体験版の作業が終わったので、改めて、
制作に携わって下さったスタッフの方々を
紹介したいと思います。

今日はインターフェイスデザイン担当の、
深山さんをお呼びしたいと思います。

Q1:お名前と担当をお願いします

インターフェイス、システムパーツ類のデザインを
担当させていただいている深山裕子と申します。

普段は背景美術やイラストのお仕事をしているのですが
過去にインターフェイスデザインの経験があったことが幸いし
原案・シナリオの山崎さんに採用していただきました。

Q2:担当箇所で苦労した点は?

今までPCゲームというものに手を出したことがなかった為
コンシューマーとの違いなどに緊張しました。

Q3:担当箇所で楽しかった点は?

中華ファンタジーという設定です。
エスニック色の強いものが大好きなので
毎回どんな中華デザインにするかにやにやしながら制作しております。

Q4:いつかこんなゲームを作ってみたい!

漠然としていますが、とにかく斬新なものを作ってみたいです。
ユーザーの方があっと驚くようなもの。

あと、今まで私が手をつけたことのない舞台設定のものも大変興味があります。
南アメリカとかアフリカとか東南アジアとか。とてもやってみたいです。

Q5:サークル活動その他アピールがありましたらどうぞ

まず、「赤い砂堕ちる月」を楽しみにされている方々へ~

現在、コミックマーケット77に置く体験版をプレイしている
最中なのですが、シナリオ、キャラクター、背景、プログラム等
とても素敵な仕上がりになっております。

私が今回最も楽しんだ点は、主人公の性格が自分好みになって
いく所です。なぜか私がプレイすると「水」と「闇」の属性が
やたら上がっていくのですが(笑)。

主人公がよりプレイヤーの分身のように見えてとても感情移入できます。
皆様に満足していただけるような作品になっているので是非多くの方に
お手にとっていただきたいと思います。

また、ただいま私個人の方でゲームやアニメーションの背景や
個別イラストレーションの制作を請け負っていますので
ご興味を持っていただきましたら、是非ともこちらのサイトまで
お越しいただけると光栄です!

miyama's home page

深山さん、ありがとうございました!
体験版の感想も交えていただき嬉しいです。

せっかくなので、ここで一緒に深山さんの担当パートの
画面写真も掲載したいと思います。

game01.jpg

こちらはゲーム開始画面です。
バックに背景イラストを使うのは面白いアイディアだなと思いました。
ちなみに「遊技開始」などのプレートは上からぱらぱらと落ちてくる
ようになっています。ゲームを起動したら、プログラマのなんもんさんと
深山さんの絶妙なコンビネーションをぜひチェックしてみて下さい。

game02.jpg

こちらはMAP移動画面です。
この画面はかなり色々と試行錯誤しました。
最初は王陵の全景(卓球大臣さんの力作です)を、全面に表示しようと
していたのですが、そうするとキャラの立ち絵を表示したときに
行き先プレートと被ってしまうので、やや縮小して、行き先プレートに
カーソルを合わせた時はその場所にいるキャラが分かるように、また
その場所の背景イラストも上の方に表示されるので、ああ、この場所かと
いうのが非常にわかりやすくなっています。

bt01.jpg

こちらは戦闘画面です。
先日、仮デザインの物をブログで公開しましたが、
無事に正規のデザインと差し替えることができました。
深山さんにはギリギリの進行の中ご迷惑をおかけしましてすみません(汗)。
戦闘画面もかなり色々と試行錯誤しましたが、プログラマの
なんもんさんと深山さんのコラボレートにより非常にすばらしい
物が仕上がったと思います。

bg001.jpg

こちらは符術士の部屋で、主人公たちの自室です。
インターフェイスデザインだけでなく、無理を言って背景まで
お願いしてしまいましたが、使用頻度の高い背景イラストなので、
高クオリティに仕上げていただきとても助かっております。

他にも、ステータス確認画面などがあるのですが、体験版には
収録されていないため、公開は少々お預けです。

既に何度も掲載しているメッセージウィンドウもそうですが、
随所に中華っぽいデザインがちりばめられて非常に豪華な
ゲーム画面になっていると思います。

ゲームをプレイする際にはインターフェイスデザインにも
気を止めていただけると嬉しいです。
深山さん、お疲れ様でした!
permalink * Edit

光主人公の育成

こんにちは、ライターの山崎です。
メッセージフォームから応援いただきまして
ありがとうございます!

永祥へのラブコールを下さった方、
今の所なぜか洛泉人気がぶっちぎりなので
他のキャラクターへの応援メッセージ、
非常にほっとします、ありがとうございます(笑)。

それと、主人公は女の子ですか?というご質問を
いただきましたが、間違いなく女の子です。
素顔は近々公開されますので、お待ち下さい~!

最後は体験版についてのお問い合わせですが、
冬コミに行けません><という方もかなりたくさん
いらっしゃると思いますので、別の配布方法も
検討中です。こちらも近日公開できると思いますので
もう少々お待ち下さいませ!

では今日は、ちょっとだけアドベンチャーパートの
スクリーンショットを貼ってみたいと思います。

sentaku04.jpg

これは、ビーズログさんに掲載された沙月さんの描き下ろし4コマでもあった、
太子の汪明が主人公たちの修行場を訪れるシーンです。

sentaku05.jpg

「またお茶を淹れて欲しい」という汪明に対しての主人公の選択肢。

sentaku06.jpg

「はい、喜んで」を選ぶと「光」属性がアップします。
主人公のグラフィックが透けて見えるのは、この属性アップアイコンの
表示が一瞬なので、スクショを取ろうとすると、どうしてもこんなことに
なってしまいます(笑)。素材はあるので合成すればいいんですが……すみません。

次回は「闇」主人公の育成に関するスクショを貼りますのでお楽しみに!
permalink * Edit

商品概要をアップしました

ずいぶん長い間ブログの更新が滞りまして大変申し訳ありません(汗)。
ライターの山崎です。

今日は『赤い砂堕ちる月 体験版』の動作環境のお知らせをしたいと思います。
詳細はアップされた商品概要のページでご確認いただきたいのですが、
ご覧の通り、通常のアドベンチャーゲームに比べると、要求される
動作環境がかなり高めになっております。

ですが、今後最低動作環境をもっと下げられるように、
プログラマのなんもんさんの方でエコモードの搭載など、
お手持ちのパソコンが最新の物ではない方にも遊んでいただけるように
随意改良を加えて参りますので、現時点で動作環境的に満たなかった方は、
エコモード搭載版の体験版配布まで少々お待ち下さい。

また、もうひとつのハードルとして、DirectXが9.0c以上でないと
動かないのですが、こちらはマイクロソフト社から無料で配布されて
いる物ですので、ご安心下さい。

DirectX9.0cは体験版にも同梱されますが、自力で更新できる方は
事前に更新を済ませておいていただけると助かります。

「DirectX9.0cって何?」という方も多いかと思いますが、
そのあたりの事は今後体験版FAQを作成し、わかりやすく説明
しますので少々お待ち下さい。

さてさて、沙月さんにチラ見されてしまった(笑)体験版の進捗状況ですが、
なんとか完成度98%という所までこぎ着けました。

よほどの事がない限り、当日スペースに並んでいると思いますので、
皆様のお越しをお待ちしております。

ちなみに価格ですが、お1人さま1枚まで無料です。
ただ、2枚以上欲しいという方には大変申し訳ないのですが、
実費100円だけ頂戴します。

「自分と友人の分で2枚必要なんですけど」と言う方も、
2枚目以降の100円のみいただきますので何卒ご了承下さい。

体験版の配布量ですが、なんとかプレス業者の締切りに間に合いそうなので
十分な数をご用意できそうです。早々になくなることはないと思いますが
どうしてもと言う方はお早めにスペースまでお越し下さい。
permalink * Edit

らくがきその1

こんにちは!原画担当の沙月です!

頂いたメッセージなどなど、私の方でも読ませて頂いてます!
ありがとうございます!!!


体験版ですが、イラスト関係の作業はとりあえず終了しました!
これで無事に体験版が……出るといいんですが(山崎さんをチラ見してみる)
その他、あれやこれや体験版以外の絵も作成中です。
お楽しみにー!

冬コミは売り子(?)としてお手伝いさせて頂く予定なので、
ぜひぜひ遊びにいらしてください!


ところで、あまりにも洛泉人気が高い事に驚いてます。
あれ おかしいな… いやある程度は予想していたのですが…

そんな訳で洛泉さんを落書きしてみました。

satuki001.jpg
(※画像をクリックで原寸表示されます)

この人って猫が似合いそう……
というか、動物に懐かれてしまうタイプな気がしてなりません…。
道ばたで会った犬も猫も鳥もついてきちゃったりして。

satuki002.jpg
(※画像をクリックで原寸表示されます)

そして翔侠さんがご立腹。
すっかりお母さん。

…あ、フィクションですので(笑)
permalink * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16

このページの先頭へ